現在の登録パソコン用語数4,043語

視野率(しやりつ) finder coverage
ファインダー視野率

視野率とは、カメラが実際に撮影する範囲と、光学ファインダーを通して見える範囲の比率のこと。ファインダー視野率とも言います。

一眼レフカメラの光学ファインダーの性能を表す指標と使われ、100%の視野率がベストだが、設計が困難なため一般には95%前後が一般的です。ちなみにデジタルカメラの液晶ファインダーは電子式のため、視野率は100%になります。100%ということは、ファインダーに映し出される範囲と記録される範囲が完全に一致します。

視野率が小さくなればなるほど、ファインダーで見えない範囲が多くなり、意図しているもの以外のものが撮影されたりします。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)