現在の登録パソコン用語数3,646語

APIキー(エーピーアイキー) API key


APIキーとは、あるWebサービスが持つサイトの機能を、外部のサイトやアプリケーションから利用できるようにする際に発行する暗号鍵のこと。


ツィッターbit.lyの機能をTweetDeckから使う場合などに使用する。

APIApplication Programming Interfaceの略で、あるWebサービスがサイトの機能もしくはソフトウェアを一部公開して、外部のサイトや他のアプリケーションと機能を共有できるようにする仕組みのことです。この仕組みによって、誰でも外部からその機能を利用することができるようになり、自分の作っている(使っている)サイトやアプリケーションにその外部の機能を埋め込むことによって、システム同士で連携することが可能になり、簡易に自分のサイトやアプリケーションの機能を拡張することができます。提供するWebサービス側のメリットとしては提供することによって自社のサイトやソフトウェアの利用者の普及などがあります。




参考になった28参考になった方はボタンを押してください  


APIキーについてのQ&A

APIキーについて 何でもパソコン&スマホ110番
ファイル形式を変換するWebサービスを使うためにユーザー登録しました。その際APIキーというものが発行されたのですがこれは控えておく必要があるのでしょうか?そもそもAPIキーはどうやって使うのでしょうか?


APIキーについての説明 2件

Delphi で API キーを分離する - Qiita
これは Delphi Advent Calendar の補欠記事です。 API キー 近年のアプリは他のサービスと連携することが当たり前です。 アプリからあるサービス(API)を利用したいとなったら、そのサービスから「キー」(以下 API キー)を提供 ...

APIキー
APIキーのイメージ

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2017 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)